<発達共助連のご案内>内容
☆基本理念・目的 ☆ネットワークケア ☆発達支援と環境調整
☆共助と自助 ☆DSの重要性 ☆活動内容と狙い
☆組織と連員構成 ☆連の歩み ☆入連問い合わせ
学校や家庭あるいは社会全般に対するさまざまな形での<子どもの心身の不適応>(例えば、LD、AD/HD、不登校、拒食・過食など)に対し、子供たちが本来持っている<生き物としての力>を取り戻し、複雑化する社会で活躍できるように療育・発達支援をすることが、発達共助連の基本理念です。
そのためには、医療現場、教育現場、家庭等の垣根を取り払い、地域(地縁に限らない)のもつ治療・教育資源をネットワークし、自助を前提としつつ、“共助”によって積極的に“療育場面”を創造することが最も有効である、と考えています。

そして、本来あるべき医療機関における“チーム医療”と“医療現場外で創出された地域集団による日常的療育場面”(たとえば発達共助連)および学校等教育機関と連携した<ネットワークケア>が、今、子供たちの発達支援に最も必要であると考えています。
発達共助連は、専門的な療育機関として、また医療現場や教育機関等の専門機関との連携のパイプ役として この理念の実現に向け、実践を重ねています。

この基本理念を一言でいえば<子どもの心身の不適応に対するネットワークケア>といえます。そしてこの我々の理念が、全国のさまざまな地域で実現するよう、積極的に情報発信していくことも理念として掲げています。

情報化社会が急速に進む近年は、形式的なコミュニケーション手段の目覚ましい進展に反比例するように、人間関係が希薄となってきており、同時に学校や家庭あるいは社会全般に対するさまざまな形での<子どもの心身の不適応>が大きな問題となっています。
社会に対し異議を発しているそうした子供達が、本来持っている「生き物としての力」を取り戻すためには、病院の治療現場や、学校・塾の教育現場などの専門機関と、家庭、学校の連携がまず何よりも重要ですが、同時に、子供も親もそしてそれを取りまく人たちも、それぞれの立場に応じて、発達していく必要があります。
そのためには、多くの人々が一緒になって考え、病院の治療現場と連携して支援する自由な地域集団が必要と考えます。そのどれか一つが欠けても、子供達への有効なケアは、成り立ちにくいと考えられるからです。
発達共助連は、そうした自由で空間的広がりを共有する地域集団の一つとして、<子どもの心身の不適応>に対する周囲の理解の欠如などに直面したことをきっかけとして集まった親や子供たちと学生、作業療法士や各種心理士等のセラピスト、医師、教師その他さまざまな人々が、自らのプライバシーを離れ、共有しあえる信頼関係のなかで、協力・研鑽し、参加する個人個人も同時に発達するために、活動していくことを目的としています。
発達共助連は、新しい集団創造の試みでもあります。従ってまだまだ多くの障害がありますが、それをみんなで乗り越えて、より新しいものを創造してゆくことが発達共助連の原則です。